レイク大好き!借りるならここに決めちゃおう

レイクってどんなところ?

2011年10月から新生銀行のカードローン商品として新規展開することになったレイクですが、それまでは消費者金融でした。銀行のカードローンの商品となったことで、消費者金融で行われる総量規制の対象ではありません。しかし、これまで消費者金融としてかなり長い間事業展開していることもあって、まだ消費者金融だと思っている人が多いのも確かです。
カードローンの申し込みは、公式サイト、電話、郵送、自動契約機で可能。新生銀行のカードローンでありながら、新生銀行では申し込みができないので注意が必要です。
テレビCMでは有名人を前面に出しており、夜のゴールデンでもCMを見かけます。

 

これまでの消費者金融のよい点を維持しながらも、銀行系の安定感があることから、幅広い年齢層に評価されているのがレイク。
消費者金融でよく見かける【はじめての人に限り金利手数料0円期間あり】のサービス、提携ATMの数の多さと手数料サービス、即日借り入れが可能という点があります。
しかし、銀行系なので収入の1/3までしか借り入れできないという総量規制には該当しないので、割と自由な借り入れが可能。
消費者金融のよい点も銀行のよい点も併せ持っている印象が強い。
とはいえ、利用者数は約160万人で人気の借り入れ先上位である。(ちなみに1位はアコムで約210万人)

金利サービスについて

レイクの魅力は、金利サービスがあること。そして、そのサービスもふたつありどちらを選ぶかを決められるからありがたいです。
それは、ふたつの金利サービスは全く違うタイプのものだからです。

 

借り入れ金額5万円までを180日間、利息0円。

借り入れ金額1〜200万円までの人が該当。
初回契約翌日から無利息。
5万円を超えた分は通常の利息が掛かります。

 

借り入れ額全額30日間、利息0円。

1万円〜500万円までの人が該当。
初回契約翌日から無利息。

 

5万円くらいを借りたという人は、どう見ても前者の180日間利息0円がお得だと分かりますが、借り入れ額と返済予定を考えるとどちらがお得なのかいまひとつ分からないという人もいるでしょう。
そのような人のために、どちらがお得なのかシュミレーションができるので迷ったときには利用しましょう。
ただし、ふたつの利息0円サービスを併用することはできません。
借り入れ200万円以上の人は自動的に30日間利息0円の方になってしまうので注意しましょう。
レイク以外でも、このようなはじめての人の利息0円サービスを行っているところはありますが、そのいずれもが30日間利息0円であり、選べるというパターンはレイクだけです。

即日融資は可能?

レイクが消費者金融ではなくて、銀行のカードローンだと知ると気になるのが即日融資が可能かどうか?という点です。
即日融資というと、どうしても消費者金融のサービスという印象が強く、銀行というとどうしても審査が遅く最低でも借り入れまで1週間くらいはかかるものという印象があります。
実際のところ、レイクは即日融資が可能なのでしょうか。
答えはYES。レイクは銀行のカードローンでありながら、即日融資は可能となっています。
その点もレイクの人気の理由のひとつなのかもしれません。

 

◆レイクで即日融資をして貰いたい場合
@申し込みは、パソコン、スマートフォンでインターネット経由で申し込む方法もしくは、直接電話で申し込む方法で可能です。
A契約手続きフォームに入力し、運転免許証などの本人確認書類のコピーを提出(メールもしくはFAX)
B書類の確認後、指定の口座へ振り込みます。
後日、お住いの住所に、基本契約書兼保証委託契約書【交付書面】とカードを送ります。本人限定郵便となり、郵便局に転居届を出していても転送はできないようになっています。

 

即日融資の条件!
指定の口座を準備できること。
平日14時までに、申し込みと必要書類を提出しレイク側が確認終了すること。14時以降の場合は、翌営業日の振込となります。

 

借りたい人は要チェックの消費者金融一覧

参照リンク

消費者金融おすすめ一覧・・・消費者金融の審査について

貸し付け条件について

レイクは銀行だから貸し付け条件が厳しいのでは?やはりそのような印象が強いようです。実際のところは、どのようになっているのでしょうか。

 

レイクは70歳まで借りられる?

レイクの貸し付け条件に年齢が20歳〜70歳とあります。他の消費者金融などではだいたいが65歳までというところが多いので、70歳というのは年配の方には魅力的に思えます。
しかし、この70歳というのも70歳だったら誰にでも貸し付けを行うというものではありません。
やはり、一定の安定した収入というものが必要となるようです。
とはいえ、65歳までしか貸し付けをしてくれないというその他の消費者金融などに比べたら、「仕事もしているのに66歳とか67歳というだけでどうして借り入れできないんだ!」と憤慨した人には、レイクは分かってくれる!というイメージが強いでしょう。

 

専業主婦でも借りられる?

レイクは消費者金融ではないので、年収の1/3までしか借り入れできないという規定もありません。ということは、消費者金融で借り入れができなかった専業主婦でも可能性があるということになります。しかし、元々収入がないので属性が良いことは条件としてあるでしょう。既にあらゆるところから借り入れをしていたり、いろいろなところに借り入れ申請をしていたりすると審査には落ちる可能性が高くなります。

 

借りたい人は要チェックの消費者金融一覧

手数料無料?

レイクは手数料が無料?いったいどの手数料が無料なのか気になりますよね。レイク推しの人は口を揃えて「手数料無料だから利用しやすいよ!」と言います。

 

ATM利用無料?

レイクでは、ATMの利用手数料は無料だという話を聞きますが本当のところはどうなのでしょうか。レイクでは、即日融資の場合は振込で借り入れができますが、その後の借り入れと返済に関しては、後日届くカードによって借り入れや振込ができます。基本的には、カードを使うということになるのです。このカードですが、提携ATMでは手数料無料で借り入れと返済ができます。以前は、セブン銀行のATMのみだったということもあったようですが、今は【新生銀行】【レイク】の目印があるところであれば、手数料は無料です。

 

どこに提携ATMはある?

提携ATMは、セブンイレブン、ローソンのATMもですが、イーネットというATM端末が設置してあるコンビニであれば手数料無料です。
ファミリーマート、ミニストップ、サークルKサンクスをはじめとするコンビニです。また、スーパーにもイーネットを設置してあるところがありますがそのようなところでも無料で利用できます。

 

ATMの手数料は1回あたり106円とか218円くらいかもしれません。しかし、これが10回、20回となればかなりの額となってきます。やっぱりレイクはいいですよね!